フォークリフトの運転のコツや爪が差し込み不足にならない方法を解説!

フォークリフトの運転のコツとは?

フォークリフトは、物流倉庫などでよく利用される自動車ですが、操作するためには免許が必要であり、上手に運転するためには技術を向上させなければなりません。

当記事では、フォークリフトの運転をマスターするコツや、フォークリフトの運転が上達しない際の原因について詳しく解説します。

フォークリフトの運転をマスターするコツ

フォークリフトの運転をマスターするコツ

フォークリフトの運転をマスターするには、いくつかのコツを押さえなければなりません。

フォークリフトは特殊な車両なので、普通の自動車の運転とは異なるポイントがあるからです。

では、フォークリフトを運転する際に覚えておくべきコツを見ていきましょう。

 

リフトの操作

フォークリフトの運転でもっとも重要なポイントは、リフトの操作と、爪の差し込み不足などを防ぐことです。

運転中も荷物の運搬中も、地面と爪が平行になっているかを常に意識している必要があります。爪が地面と平行になっていない状態だと、パレットが落下して大事故に至る恐れがあるためです。

 

さらに、爪をパレットに抜き差しするときには、急がずゆっくり行うとよいでしょう。急いで素早く爪を抜き差ししようとすると、製品に爪が刺さって破損してしまったり、奥にある別のパレットや壁を傷つけてしまったりする恐れがあります。ゆっくり爪を抜き差しすれば、トラブルや事故を未然に防げるでしょう。

 

加えて、リフトを操作する際には、走行しながらリフトを上げ下げするのは避けるべきです。走行とリフトの上げ下げを同時に行うと、事故を起こす危険が高まります。リフトの操作では、一つひとつの動作を安全かつ丁寧に操作するのがとても重要なのです。

 

水平ボタンの活用

フォークリフトの運転技術を向上させるために役立つのが水平ボタンです。すべてのフォークリフトに装備されているわけではありませんが、製品によっては水平ボタンが付いています。

水平ボタンは、リフトを水平にするためのボタンで、まだそれほどフォークリフトの運転に慣れていない人でも、押すだけで簡単にリフトの水平を保てる優れものです。

リフトを水平にするのは意外に難しいので、まだ慣れていないうちは水平ボタンを活用するのもよいでしょう。

 

車と違うものだと認識する

フォークリフトを運転する際には、フォークリフトが車とは異なる乗り物であるという認識も重要です。

フォークリフトは四輪で、一般的な自動車と同じように運転できると思われがちですが、大きく異なるポイントがあります。それは、フォークリフトが後輪を使って方向転換する点です。

 

後輪がメインとなって方向転換するフォークリフトでは、急ハンドルを切ると外輪差が発生して車体が大きく動く特性があります。ハンドル操作が大きくなればフォークリフト自体が動く範囲も大きくなるので、荷物にぶつかったり、他の作業員に衝突したりする恐れもあるのです。

 

自動車とは異なり、フォークリフトではハンドルを小刻みに操作して運転しなければなりません。フォークリフトを運転する際には、自動車と操作方法が異なることを常に意識しましょう。

 

スライド機能の活用

フォークリフトにスライド機能が付いている場合、スライド機能を活用すれば効率よく業務が行えるようになります。スライド機能を利用すると、荷物を積み込む際に荷物がずれてしまっても、その場で修正できるのです。

通常は、荷物がずれた場合、一度バックしてからずれを修正しなければなりません。より効率的に業務を進めるため、スライド機能をマスターするとよいでしょう。

 

同時操作をしない

フォークリフトを上手に運転するための別のコツは、同時にいろいろな操作をしないことです。

フォークリフトを運転する人の中には、リフトを下げながらバックしたり、リフトを上げながら前進して荷物を降ろしたりする人がいます。一見運転が上手に見える同時操作ですが、実際には重大事故や死亡事故につながる恐れがある運転です。

 

フォークリフトを上手に運転する人は、同時に操作せず、一つひとつの操作をきちんと終えてから次の操作に移ります。基本に忠実な運転によって、安全で確実な作業を心がけているのです。

 

バック走行の活用

フォークリフトを上手に操作するためには、バック走行を活用しなければなりません。

フォークリフトでは、バック走行をする機会が多くあります。特に、荷物を運んでいるときには前方の視界が悪くなるため、バック走行が多くなるでしょう。

 

バック走行に早く慣れて、荷物をスムーズに運搬できるようになると、有用な人材になれます。バック走行すると、警笛が鳴って他の人に注意を喚起できるのもメリットの一つです。

 

経験を重ねること

フォークリフトの基本操作はどの機種でも同じですが、細かい点は機種によって異なります。とにかくたくさんフォークリフトを運転して経験を重ねることで、運転の技術は向上していくでしょう。

 

フォークリフトの免許を取る時点である程度の知識と技術は身に付くものの、実践で役立つ操作方法や技術は経験を重ねないと習得できません。フォークリフトの操作を繰り返し行い、徐々に高度なテクニックを身につけていきましょう。

 

車両の特性を把握

フォークリフトは自動車とは異なり、外輪差が発生します。フォークリフト特有の特性を把握して、より上手に運転できるようになるでしょう。

 

通常、自動車では内輪差が発生するので、車の前輪に注意を払わなければなりません。しかし、フォークリフトでは外輪差が発生するため、後輪に注意すべきなのです。

フォークリフトの操作が上達しない原因

フォークリフトの操作にはコツがありますが、どうしても上達しない人もいます。

フォークリフトの操作が上達しない原因の一つが、急発進・急ハンドル・急ブレーキです。急発進や急ハンドル、急ブレーキは荷崩れの原因となるだけでなく、車体の転倒や他の作業員との事故につながります。

 

加えて、失敗の原因を考えない人もフォークリフトの操作は上達しません。

フォークリフトを運転し始めると、さまざまな失敗をするでしょう。失敗には必ず原因があり、原因となった行動や意識を改善することで運転は上達していきます。

 

しかし、原因を考えずにそのまま運転を続けていると、同じ失敗を繰り返してしまうのです。結果として、運転技術が向上せず、いつまでたっても運転が下手なままになってしまうでしょう。

フォークリフトの運転で失敗は避けられないとしても、同じミスを繰り返さないための努力が必要です。

フォークリフトの運転は基本に忠実に

フォークリフトを上手に運転したいのであれば、基本に忠実であることが一番の近道です。

一つひとつの動作を基本に忠実に行えば、徐々に運転技術が向上しているのを感じるでしょう。

タイヤや他の部品の交換や費用について気になっている方には

フォークリフトの運転技術だけでなく、タイヤや他の部品の交換や費用について気になっている方は、フォークリフトタイヤ通販【フクナガタイヤ】に相談してみてはいかがでしょうか。

 

フクナガタイヤでは、フォークリフトの維持にかかるコストを削減する方法を紹介しています。

フォークリフトのランニングコストを節約したい人は、こちらのページを参考にしてください。

手間なく大幅にコストダウンできますのでおすすめです。

フォークリフトのノーパンクタイヤでのコスト削減に興味がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

また、フォークリフト業務の稼働効率の改善案をまとめた資料もございます。

効率改善によって大きくコスト削減に貢献できるため、ぜひこちらもご覧ください。

下のフォームにメールアドレスをご入力後、緑色のボタンを押すとPDFをダウンロードできます。

ぜひお気軽にお問い合わせください!

TEL: 06-6969-7655
受付時間: 平日 9:00~17:00