フォークリフトタイヤ交換は実はメーカーに頼らなくてもいい!? 新常識、手間をかけずにコスト削減する方法

フォークリフト部品のコスト内訳のなかでも、『タイヤ』が占める割合は大きいものです。

タイヤ自体のコストはもちろん、交換作業費や出張費、メンテナンス費用などいろいろな出費がありますが、一度に全部コスト削減しようとしてもなかなか難しいですよね。

 

そこでそんなお客様に弊社がおすすめしているのが、『タイヤ関連のコストを段階的に下げていく』ことです。

まずはタイヤ自体のコストを下げて、余裕が出てきたら交換業者の変更や自社での交換作業の実施、さらには日常的な管理もできるようにする…といった風に順番に解決していきましょう。

タイヤの使い分けと自社交換でコスト削減 & 作業性アップ

フォークリフトのタイヤ交換をメーカー (業者) 任せにされている企業様は多いですが、実はお客様の用途に合わせてタイヤを使い分けされておらず、全台に同じタイヤが使われていることも珍しくありません。

同じ現場でも『一日中ずっと稼働し続けていることが多いフォークリフト』と『荷物の積み込み時など短時間しか動かさないフォークリフト』では適したタイヤが違います。

 

実際、ある企業様ではフォークリフト全台に長時間利用に耐えられる高耐久タイヤが取り付けられていましたが、短時間だけ使うことが多い機体だけ費用対効果の良いタイヤに変えることで大きくコストを下げられたという事例がございます。

 

『メーカーに頼らずタイヤ交換するなんて無理では?』と思われる方もおられますが、タイヤ交換自体は工具さえあれば簡単に済ませられます。

こちらのページでご紹介している通りの手順でできますので、自社メンテナンス部隊でタイヤ交換までできるようになれば交換作業費や出張費を削減できるほか、メーカーとの面倒なスケジュール調整も必要なくなります

 

もちろん弊社にご依頼いただければ交換業者の手配をいたしますので、自社で交換できないという場合も安心していただけます。

 

実際にタイヤの使い分けやメーカーに頼らない交換方法でコスト削減を実現した企業様の事例を資料にてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

資料は無料でダウンロードしていただけます。
メールアドレスをご入力後、「資料請求する」ボタンを押すとPDF資料をダウンロードしていただけます。