フォークリフトタイヤの種類とは?買い換えるにはどうすればいいの?

作業現場で活躍するフォークリフトですが、フォークリフトで使われるタイヤには大きく分けて3つの種類があることはご存じでしょうか。

 

今回はフォークリフトでどんなタイヤが使われているのか、メリット・デメリットを交えてご紹介します。

フォークリフトタイヤの種類を知ることで、コスト削減や作業効率アップにつながるヒントが得られるかも…?

1. エアータイヤ

フォークリフトタイヤで使われているタイヤの一つが、『エアータイヤ』と呼ばれるものです。

 

チューブタイヤ、空気入りタイヤとも呼ばれており、その名の通り中に空気が入っているタイヤです。

 

身近なものでは一般的な自転車に使われているタイヤと同じ仕組みですので、比較的クッション性が良く、コストも低いというメリットがあります。

 

その反面、自転車のタイヤと同じくクギや金属片がタイヤに刺さるとパンクして空気が漏れてしまい、フォークリフトを動かせなくなってしまうというデメリットもあります。

メリット

✅ タイヤ費用が安め
✅ クッション性が良い

デメリット

❌ パンクすると使えなくなる
❌ 金属片などが散らばっている工場には不向き

2. ノーパンクタイヤ

エアータイヤだとパンクした時に不便だ…ということで生み出された2種類目のタイヤが、『ノーパンクタイヤ』です。

 

空気の層ではなくすべてゴムでできているので、クギや金属片が刺さっても絶対にパンクしない、という安心感があり、フォークリフト作業を少しでも止めたくない現場で活躍しています。

エアータイヤとノーパンクタイヤ

ゴムでできている分エアータイヤよりはコストが増えてしまうデメリットがありますが、パンクして作業が止まる時間と初期費用のどちらをとるかで選ぶと良いでしょう。

メリット

✅ パンクしないので作業が止まらない
✅ 長く使い続けられる

デメリット

❌ 購入費用はエアーより高め
❌ クッション性はエアーより少し悪くなる場合あり

3. リーチフォークリフト用タイヤ

ここまで紹介したタイやは座って乗るタイプの『カウンターバランス式フォークリフト』で使うタイヤでしたが、立って乗るタイプの『リーチ式フォークリフト』では、また異なったタイヤを使うことになります。

 

装着する場所によって名前が異なり、ドライブタイヤ・キャスタータイヤ・ロードタイヤという三種類があります。

リーチフォークリフト

長寿命で路面のタイヤ痕が目立ちにくいウレタン製、低コストで滑りにくくグリップ力に優れているゴム製の2つから選んでいただけます。

フォークリフトのタイヤを楽に、安く交換する方法は?

フォークリフトのタイヤを交換する際、メーカー・販売業者に見積依頼して手配してもらうというやり方をされている方が多いかと思います。

ただ、この方法ではメーカー・業者を経由する段階で仲介手数料や運搬費などがかかってしまい、タイヤ交換費用に上乗せされてしまいます。

 

そこでおすすめしているのが、『販売業者を通さず、直接タイヤを購入する』ことです。

業者を通さず購入

弊社提携のタイヤ工場で製造したタイヤを弊社国内工場にて検品・圧入した上で納品いたしますので、間に販売業者を通さない分お安くご提供できます。

 

お使いの車両や地域により価格は変動しますが、参考価格として近畿圏・5.00-8 後輪2本をノーパンクタイヤに交換される場合であれば下記の通りです。

5.00-8 後輪タイヤ2本の場合

もちろんフォークリフトをどうご利用されているかは企業様によって異なりますので、ご利用状況をヒアリングさせていただいた上で最適なタイヤをご提案します。

例えば使用頻度が高く長時間使用するフォークリフトには高耐久なタイヤを、使用頻度が低いリフトにはコストパフォーマンスを重視したタイヤを使う、というようにタイヤを使い分けることで作業効率アップとコスト削減を両立いたします。

 

弊社はただ販売して終わりではなく、タイヤのお届けから交換作業、使用済みの古タイヤ回収処分まですべて弊社が窓口となって手配いたしますので、『交換は○○に電話して、古タイヤ回収は✕✕にお願いを…』というような手間は発生せず、楽に交換していただけます。

タイヤ交換の流れ

パンクで仕事効率を落としたくない、手間を増やさずタイヤ交換したいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

長持ちするタイヤで年間維持費も下がります

ノーパンクタイヤに変えるとパンクは防げても維持費がかさばるのでは、とご不安な方、弊社のタイヤならそんなご心配は無用です。

 

弊社がおすすめする『M2タイヤ』は一般的なノーパンクタイヤよりも使用できるゴム量が多く、しかも耐摩耗性能も良いためすり減りにくく長持ちします。

長持ちすることでタイヤ交換をする頻度を抑えられますので、年間にかかるコストと手間を大きく削減できます。

タイヤ交換タイミング

また、『M2タイヤ』はすり減って交換するべきタイミングになると表面がオレンジ色になるため、フォークリフトを動かしているときでも交換時期が来たか一目見るだけで簡単に判断できます。

車両を止めることなくチェックでき、すり減っているか見て回る時間も削減できますので、フォークリフト管理にかかる手間も削減できます。

M2タイヤの使用限界

オレンジ色のゴム層が出てから約100時間は問題なく使えますので、余裕を持って交換依頼をしていただけます。

 

しかもM2タイヤは表面がオレンジ色になった時点でもグリップ力を維持できる構造のため、一般的なタイヤよりも安全にお使いいただけます。

試験結果

導入の流れ

①スタッフによるリフト稼働状況のヒアリング

フォークリフトタイヤひと筋20年以上のスタッフが、お客様のフォークリフトのご利用状況をヒアリングさせていただきます。

②ご要望に合わせたタイヤ交換・整備などのご提案

ヒアリング結果をもとに最適なタイヤをご提案します。

例えば稼働率が高く、交換時期を簡単に把握したいリフトにはM2タイヤ、床面の汚れを防止したい場合はADVANCE カラータイヤなど、リフトのご利用状況に合わせてぴったりなものをご用意します。

③現状とのコスト・手間に関する比較

現状お使いのタイヤとの比較データをお渡しします。

ご希望の場合トライアルを実施させていただくことも可能です。

④タイヤ交換手配・使用済みタイヤの回収

お客様の地域に応じて交換業者を手配いたします。交換後の使用済みの古タイヤもお好きな時間に引取に伺います。

現場でフォークリフトを使っていてパンクで困っている方、車両・業務が止まる時間を減らしたい方はぜひ、お電話 06-6969-7655 または下記メールフォームよりご相談ください。

ぜひお気軽にお問い合わせください!

TEL: 06-6969-7655
受付時間: 平日 9:00~17:00