ノーパンクタイヤのメリット・デメリットを整理!フォークリフトタイヤの選び方を知りたい方必見

カウンター式フォークリフトやリーチ式フォークリフトのタイヤには大きく分けて

・自動車や自転車と同じような空気入りの『エアタイヤ』

・ゴム製でパンクしない『ノーパンクタイヤ』

の2種類があります。

 

パンクしない、となるとノーパンクタイヤは魅力的ですが、何かデメリットがあるのではないかとご心配な方もおられるかと思います。

そこで、ノーパンクタイヤのメリット・デメリットをご紹介します!

ノーパンクタイヤのデメリットとは?

通常のタイヤは、クッション性を良くするために中に空気が入っています。

ノーパンクタイヤはその空気がなく、中がすべてゴムになっているため、

・エアータイヤに比べるとクッション性が低い
・摩擦によって熱が内部のゴムに溜まり、トラブルの原因になる
・ゴムの塊なので重たく、取り付けが大変

といったデメリットがあります。

エアータイヤとノーパンクタイヤ

ただデメリットばかりではなく、逆にゴムになっていることで

・釘など金属片が刺さっても空気が漏れることがなく、絶対にパンクしない
・エアータイヤよりも長く使える = 維持コストが下がる

といった大きなメリットがあります。

フォークリフトのタイヤがパンクして動かせないとなると現場の作業が止まってしまって大変ですし、作業効率を落としたくないという方に利用されています。

ノーパンクタイヤのデメリット、実は改善が進んでいます

金属片が工場・現場の床にちらばっている場合、パンクしない方が作業が止まることがなく安心ですよね。

ノーパンクタイヤを導入したいけれど、前述のデメリットが気になる…という方のために、弊社は改善を進めております!

 

エアータイヤに比べるとクッション性が低い
→ クッションゴムで乗り心地改善!

アドバンス

弊社のノーパンクタイヤ『アドバンス』ではタイヤ全体のゴム素材量が2/3以上となるよう設計しており、柔らかなクッションゴムのおかげで従来よりもクッション性が高まっております。

衝撃が運転手の方に伝わりにくいため、一般的なノーパンクタイヤよりも負担を減らせます。

摩擦によって熱が内部のゴムに溜まり、トラブルの原因になる
→ 独自配合のゴムで放熱性アップ!

独自配合のゴムにより、タイヤ内部の温度上昇を抑え放熱することでトラブルを防止しております。

さらに耐摩耗性もよく、すり減りにくいため長くお使いいただけます。

ゴムの塊なので重たく、取り付けが大変
→ 取り付けも弊社が手配します!

ワンストップ対応

弊社はタイヤを売りっぱなしにしません。

お届けからタイヤの取り付け作業の業者手配、さらには使用済み古タイヤの回収・廃棄まで弊社が窓口となって一括対応いたしますので、手間なくタイヤ交換を済ませていただけます。

無料の資料を配付中

弊社の製品であれば従来のノーパンクタイヤのデメリット部分を改良しておりますので、『パンクせず、作業が止まることがない』というメリットはそのままにより快適に、長くお使いいただけます。

ぜひこの機会に、ノーパンクタイヤでの作業効率アップとコスト削減をご検討ください。

 

現在無料で配布しております資料では、手間を増やさずにフォークリフトタイヤのコストを下げる方法について紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

資料はPDF形式にて無料でダウンロードしていただけます。
メールアドレスをご入力後、「PDFをダウンロードする▶」ボタンを押すとPDF資料をダウンロードしていただけます。