フォークリフトタイヤの寿命は?いつ交換するの?プロが教えます

フォークリフトタイヤ

産業車両用のノーパンクタイヤはその名の通りパンクしないため、いつまで使えるのか分かりにくく、
・本当はまだ使えるのに、早めに交換してしまう
・使用限界を超えて使ってしまい、タイヤが欠けて車両を急遽止めることになった
といったことが起きてしまいます。
そこで、フォークリフトタイヤひと筋15年以上のフクナガタイヤが、交換タイミングの見分け方をご紹介します。

いつタイヤ交換したら良いの?タイヤの寿命の見分け方は?

タイヤの交換タイミングの調べ方

ノーパンクタイヤの交換タイミングは「溝がなくなったかどうか、またはスリップサインが表れたか」で判別できます。ご使用前はトレッドパターンと呼ばれる溝がタイヤ表面にありますが、お使いいただく内にタイヤが削れていき、徐々になくなっていきます。

トレッドパターンはタイヤと路面との間の水を排除したり、ブレーキ時の制動力を高めたりする効果があるものです。スリップサインはトレッドパターンの底にある、少し盛り上がった場所のことです。

摩耗したタイヤ

溝が完全になくなった後でも使用限界ラインまで使い続けることはできますが、雨で濡れた路面でスリップしやすくなり、危険ですのでお早めに交換をご依頼ください。スリップサイン手前で交換いただいたほうが安全です。

使用限界ライン

誰でも簡単にタイヤ寿命が分かる裏技も!?

溝がなくなったら交換の時期、とはいえじっくり見ないと分かりにくいですし、使用限界があとどれぐらいで来るのか判断に迷ってしまいますよね。そこでフクナガタイヤでは、どんな方でも一目見るだけで交換タイミングが分かるタイヤ、「M2」を開発しました。

交換時期が来るとオレンジ色のラインが見えるようになりますので、溝や使用限界ラインを見なくても一発でチェックできます。オレンジ色のラインが出た後100時間ほどは使用できますので、その間に交換をご依頼いただければ、余裕を持って交換していただけます。

オレンジ色のラインで交換タイミングをお知らせ

交換タイミングが分かるタイヤ「M2」の詳細はこちら

フォークリフトタイヤでお困り事があれば
ぜひお気軽にお問い合わせください!

TEL: 06-6969-7655
受付時間: 平日 9:00~17:00