リフトのタイヤがよく滑るようになった、ブレーキの効きが悪くなった…そんな時はタイヤ寿命にご注意を

『最近、フォークリフトのブレーキの効きが悪くなってきたな…』
『特に雨の日はすぐ止まらず滑るようになった』

こんな状態の方、お使いのフォークリフトタイヤの寿命が近づいている可能性があるのでご注意を!

 

ノーパンクタイヤはどこまで使って良いものか分かりにくいですが、寿命ラインを超えて使い続けると事故の原因になったりリフト自体を傷つけてしまったりします。

今回は、何故タイヤの寿命が近づくと滑りやすくなるのかご紹介します。

使い古したタイヤだと何故滑りやすくなるの?

フォークリフトのタイヤ表面 (トレッド) には溝があります。

ただ、タイヤを使い続けるうちにこの溝はすり減ってなくなってしまいます。

雨の日にはこの溝から水をかき出すことでグリップ力が高まるのですが、溝がなくなることで地面との間にできた水の膜の影響を強く受け、すぐに止まらなくなってしまうのです。

水はけ

思うようにブレーキが効かないと事故に繋がってしまうため、ブレーキの効きが悪いなと感じたら特に注意するようにしましょう。

交換タイミングをチェックできるシートを配布中

タイヤの交換タイミングを把握するため、チェックするべきポイントをPDF資料にまとめました。

メールアドレスをご入力後、緑色のボタンを押すとダウンロードできます。