ノーパンクタイヤ取り付け方法

エアータイヤからノーパンクタイヤに移行されるお客様はご注意!

合わせホイールを装着したタイヤの場合、車体に取り付けられている状態で横から見ると、ボルトが2種類あります。必ず、車体とタイヤを繋ぐハブボルトであることを確認された上で外してください。誤って、ホイールを繋ぎ合わせているボルト(合わせボルト)を外されますと、人命に関わる重大な事故が起こる恐れがございます外すボルトを間違えないよう十分ご注意下さい。(詳しくはこちら)

ご注意ください!テーパーの裏表

ノーパンクタイヤは、空気圧タイヤに比べ2倍以上の重量があるため、持ち運び・取り扱いにの際には十分にご注意下さい。ホイールには裏表がございます。裏表を間違って取り付けると、ホイールが割れて事故に繋がる危険性がございますので、十分ご注意ください。(詳しくはこちら)

ノーパンクタイヤ取り付け作業を始める前に

作業を始める前に、フォークリフトのツメを上げ、サイドブレーキを引いておいてください。

ご注意
  • 下記タイヤ交換手順はあくまで標準的な作業例です。参考としてご覧下さい。なお、作業は自己責任のもとに行って頂いておりますので、交換時に発生したいかなる損害においても、弊社は一切の責任を負いかねますので、十分ご注意の上での交換をお願い致します。

1、ボルトを緩める

ボルトを緩めるボルトを緩める

必要な道具
  • インパクトレンチ
    ※インパクトレンチがない場合は、長いスピンナハンドル(ブレーカーバー)をお使い下さい。

インパクトレンチやスピンナハンドル(ブレーカーバー)を使用し、ボルトを緩めます。緩まない場合は、鉄パイプを差し込み、テコの原理でボルトを緩めて下さい。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス

・レンチなど手でボルトを緩める場合、車体が浮いているとタイヤが共回りし、ボルトを緩めるのが難しくなります。ジャッキアップの前に、少しボルトを緩めるのをお勧めします。

 

2、車体を浮かせる

後輪の場合

車体を浮かせるには?1車体を浮かせるには?2

必要な道具
  • 油圧ジャッキ

ジャッキ

自動車用のジャッキではフォークリフトのジャッキアップができません。 車両の大きさに応じた油圧ジャッキをご使用下さい。

タイヤの擦り減り具合によって、車高の高さが違いますのであらかじめ確認したうえで上げ下げを行ってください。
油圧ジャッキは車体のくぼんでいる箇所に入れてください。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス

・背の低いジャッキ(高さ 10cm程度)を使用されるとスムーズに作業が行えます。
・必ずツメを上げてから、ジャッキアップを行ってください。

前輪の場合

前輪の場合1前輪の場合2

必要な道具
  • リンギ(角材)

リンギをマストの下に当てマストを前に倒します。これによりマストがリンギを押し当て、車体が上がります。

ワンポイントアドバイス

タイヤがリンギに当たっていると、タイヤの取り外しができなくなります。取り外しの際はタイヤがリンギに当たらないように注意してください。

ページのトップへ

3、タイヤの取り外し・取り付け

タイヤの取り外し・取付け方1タイヤの取り外し・取付け方2

必要な道具
  • タイヤが重たい場合、鉄パイプやバールがあると便利です

ボルトが外れたら、あとはタイヤを交換して取り付けは完了です。 ハブボルトにホイールのハブ穴を1つ合わせると、他のボルトも合います。

ホイールの穴を確認して、キクロスタイヤを取り付けてください。タイヤが重い場合は、鉄パイプなどをタイヤの下に当て、テコの原理で持ち上げると作業がしやすくなります。ナットを締めつける時には、対角線上に締めていきます。軽く仮締めしたら、もう一度タイヤをしっかりおくまで押し込み本締めします。ボルトがしっかりとボルト穴の中心部にきているかどうかをお確かめください。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス
・ナットが締めにくい場合は、内側に油を塗ると締めやすくなります。

 

エアータイヤからノーパンクタイヤに移行されるお客様はご注意!

合わせホイールを装着したタイヤの場合、車体に取り付けられている状態で横から見ると、ボルトが2種類あります。必ず、車体とタイヤを繋ぐハブボルトであることを確認された上で外してください。誤って、ホイールを繋ぎ合わせているボルト(合わせボルト)を外されますと、人命に関わる重大な事故が起こる恐れがございます。外すボルトを間違えないよう十分ご注意下さい。

ボルトの種類 ハブボルト
(こちらをはずして下さい)
合わせボルト×
(危険ですのはずさないで下さい)
ボルトの見分け方 ・基本的に大きい方のボルトがハブボルトです。
・ナットの下に座金(ワッシャー)がありません。
・小さくて淵に寄っています。
・座金が入っています。
・稀にボルトの頭が表側にきているものもあります。

エアータイヤからノーパンクタイヤに交換するとき、なぜ危険なのか?!

フォークリフト用のエアータイヤは、高荷重の車体を支えるために、小口径のものでもかなり高圧の空気が入れられております。小口径に分類される2t車の後輪などでも、トラック用の大型タイヤに匹敵するほどの空気圧です。また合わせホイールは、タイヤの両側から押し込むようにはめ込まれておりますので、空気が入った状態で、止め具であるボルトが外れると、相当の勢いで弾け飛びます。万が一の場合には、人命に関わる事故へも繋がりますので、エアータイヤからの交換は慎重に行ってください。

ご注意ください!テーパーの裏表

ホイールには表裏があります。ハブボルト穴にテーパー(角度)が付いている方が、表(車両外側)になります。
間違えて装着すると、ホイールが割れる可能性がありますのでご注意ください。

車両への取り付けについて

※ボルト穴にテーパー(傾斜)がついています。

お問い合わせはこちら

株式会社フクナガエンジニアリング
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西5-13-30
TEL:06-6969-7655
FAX:06-6962-1613

資料請求・お問い合わせ

どんなタイヤがいいか分からない方へ タイヤコスト診断します